2014年秋冬のテイストとトレンドを海外コレクションから学ぶ

その洋服から醸しだされる雰囲気を、「テイスト」と呼ぶらしいですね。
それと、「トレンド」、これは流行りってことですよね。

 

今年のトレンドテイスト?そういうのを知りたいと思います。

 

一年くらい前から、スポーティムードが続いていて、今シーズンもデザイナーさん達のインスピレーションの源になっているそうです。

 

そのスポーティにどういう風に、盛って味付けをしていくかが、腕の見せどころなのだとか。

 

息の長いトレンドとなっているスポーティなアイテムは、「軽さ」がキーワードになっている。ダウンジャケットやスタジャンをいかに、豪華でオシャレに見せるかが、ポイントみたいです。

 

今年、新鮮なのは、冬のハーフパンツなのですね。冷えそうな気もしますが、オシャレってそういうところありますね。からだを張らないとできません・・

 

年代で区切るなら、60年代半ばのロンドンな気分。
シャーロック・ホームズのようなケープコートでかわいらしくまとめるのも旬。
台形をベースにしたミニスカートも種類が多く登場している。
トラッドベースに、ひとひねり加えた若々しい印象の台形シルエットも出てきている。

 

2014年の秋冬の前のシーズン(2014年春夏ですね)に、肩の力が抜けた流れがあって、それに今回は、ゴージャスなムードや手仕事の技を加えたテイストがトレンド。

 

リラックス感がありながらも、エレガンス感やリッチ感を漂わせるのがポイントのようです。

 

なんとなーく、「テイスト」「トレンド」わかってきました。