2014年秋冬の柄とレイヤードを海外コレクションから学ぶ

レイヤードというのは、重ね着のことだったのですね。カタカナにするとカッコよく聞こえます。頻繁に使いたくなる気分。
柄は、柄でそのまんまで分かり易い。ホッとしますね。

 

レイヤード

複数の服を重ねて、絶妙なバランスをつくるレイヤードが今年注目を集めている。全体的にビックシルエットがトレンド。
首元にハイネックのインナーをもってきて、Iラインのシルエットでバランス調整するのが着こなしをスマートにするコツ。

 

昔の呼び名なら「トックリセーター」ですね。これに、丈の長いスカートやワイドパンツなんかを合わせると今の気分ってやつができそうですね。

 

難易度は高いけど、パンツの上からスカートを合わせたり、スカートの上にスカートというレイヤードもありだそう。既存のルールをあえて無視した自由が売り。

 

なんといってもチェックのようです。大柄で温かみを感じさせる色使いがポイント。

 

気品ある英国トラッドを象徴するチェックは、前のシーズンから引き続きのブームのようですね。

 

今回は、大柄チェックを全面に使ってインパクトを持たせたものが登場している。コートやジャケットとパンツのセットアップになっていて、全身チェックが新しいらしい。

 

チャレンジしたいけど、勇気いりそう。

 

その他の柄では、アールデコなどのアートからきているプリントの織柄が進化している。
ビジュアル効果の高い、グラフィティもブレーク。
強い色同士をぶつけ合ったり、同じ柄で色のトーンを反転させるなどのアイデアものが多い。