プチプラファッションなら、ファッションセンスも磨いていきましょう

私が若いころは、ファッション雑誌を参考に、その時の流行の服を買って着ていました。

 

デパートに入ってるブランド服じゃないと恥ずかしいという見栄のようなものもあり、同僚のファッションチェックもあったりと、お金のかかった時代でした。

 

ブランドというだけで「可愛い」と褒めあったり、今思うと「ファッションセンス」なんてあったのかなぁ、どうかなぁ…っていう感じです(笑)

 

ただブランドのタグがついているかどうかがポイントでした。

 

いくらほしくてもブランドの服ばかりで揃えるわけにはいきません。

 

なので、コートなどはメーカー品で、インナーの服は着まわしのきく、シンプルなデザインのものをリーズナブルなお店で選んでいました。

 

しばらくすると「プチプラファッション」という言葉が出てきて、「プチプラで全身オシャレにする」のが賢いオシャレ方法という時代になりました。

 

こうなってくると、その人のファッションセンスが重要です。

 

その時、その時のトレンドもチェックして、自分なりに取り入れれば、古臭くない着こなしが出来ます。

 

いまちょうど、今年の春のレディースファッションのトレンドをまとめてるところですが、1年だけじゃなく、数年追っかけてみると「流れ」みたいなものがあって面白いですね。

最近で言うと、60年代〜70年代風レトロでガーリーな雰囲気のは流行りがあって、一方、その対極的に、スポーティーテイストのトレンドがあります。

 

スポーティーは、数年前から流行ってるみたいなんですが、その延長線上で、今年は、ミリタリーなテイストも、メインストリームに浮上しそうな感じです。

 

スポーツコーデやミリタリーコーデもかっこいいとは思うものの、個人的には、春ファッションなら、小花柄を使ったようなレトロなものが好きですね〜。

 

ミュウミュウのパリ・コレをチェックしてたら出て来たけれど、「ニューロマンティック」などと言って、そういったトレンド路線もあるようです。

 

大げさじゃなく、あんまり手を加えていないイングリッシュガーデンみたいな可憐さがいいなあぁ、なんて思いました。